カット料金7000円、価格競争に乗らない理由


 

こんにちは!辻堂駅から徒歩7分にある”完全予約制で1対1のマンツーマン対応の美容室”パーソナルヘアサロンASUNAROです。

住所:〒251-0047 神奈川県藤沢市辻堂1丁目16-20 1F
TEL: 0466-47-9991

ASUNAROホーム←クリック

パーソナルスタイリストのMASAです

 

ふと辻堂エリアの美容室を見ていて気づいたことがありました

 

◆カット料金◆

 

赤い○はそれぞれ美容室のカット料金です

 

 

・・・

 

 

ん?・・・

 

 

あれ・・・

 

・・・・

 

 

 

まさか・・

 

・・・

え!!

ASUNAROだけ!!

価格が全然違う

なにこのポツン・・・

ここでは載せきれなかった辻堂エリアの美容室も全て見たのですが(※ホットペッパー掲載サロンのみ)

7000円台はうちだけでした

なんなら6000円台もありませんでした・・

5000円台も数件のみ・・・

・・・(・Д・)

ざっくり平均したら3000円くらいでした

ん〜

カット料金は美容室によって千差万別です

中には1000円のところもあります

普段周りの美容室の情報はあまり見ないのですが、この発見は面白かったです

 

◆美容室が生む価格競争とは◆

これは明らかに美容室が価格競争に乗っかている状態です

中には(このエリアの平均カット料金は3000円くらいだから平均より少し下げて2500円くらいに設定しておこう)という考えの美容室もあるかもしれません

ライバル店と価格で勝負をしている状態です

いかに安く売るか、その中で何ができるか、

価格競争の始まりです

でも果たしてそれは正しいことなのでしょうか?

価格競争では一時的な「売上」は見込めます

しかし「顧客」を掴むことは難しいのです

それには理由があります

価格を求めてくるお客様は価格で離れていくからです

例えば、お客様が今日、カットとカラーで予約をしていたとします

髪の毛のダメージも気になり美容師はトリートメントをした方がいいと考え、オススメします

おそらくやりません

入り口が価格を求めて来るお客様は、価格変動に非常にシビアです

例えばこの状況で、売上も上がってきてお客様も増えてきたので、カット料金を値上げしようと考えているとします

おそらく半分以上のお客様は離れていくでしょう

「価値」が価格を超えていないと、そういうことになってしまいます

◆価格競争に乗らない理由①◆

年々、美容室は増え続けています

美容室が増えるにつれて、価格競争も激しくなります

価格設定の安い美容室に、需要があるのは確かです

・学生や収入が安定していない方

・美容室にこだわりがなく、短い時間でチャチャっと済ませたい方

このような場合、価格を優先すると思います

髪の毛は伸び続けていくもので、綺麗にしなくてはなりません

人間にとって髪を切るということは必要不可欠なことです

価格設定の安い美容室を決して悪いとは思いません

ただ、価格を安く設定するということは必然的に技術にかける時間やコスト、手間を削減するということになります

これは美容業界だけに限らず業界全体で言えることでしょう

価格が安い分、数をこなさないと利益がでないからです

価格設定の安い美容室では、この価格設定であるがための、特有のルールがあったりします

・薬剤は何gまでしか使用することができない

・時間内に終わらせる

時間に追われるということは大きなプレッシャーになります

技術を短縮してしまったり、工程をスキップしてしまう理由にも繋がってしまいます

これは完全に美容室側の都合ですよね

ゆっくりやることが正解とは思いませんが、完璧なパフォーマンスを発揮するためには、このようなルールは必要ありません

もちろん仕上がりをそこまで気にしない方には全く問題ありません

「何を求めて何に重きを置く」ということが大切なんだと思います

 

◆価格競争に乗らない理由②◆

価格競争に乗らない理由はもう1つあります

それは「価値」についての考え方です

美容室の目には見えない「価値」をお客様にどう感じていただけるかということです

何年、何十年と、この道一筋で常に研究心を持ち、働き続けている美容師は「職人」と言えます

特に僕たち美容師はとても下積みの長い職業です

ハサミを握れるまで平均して3〜4年はかかります

長いところだともっとかかります

さらに髪を切れるようになってからがようやくスタートです

そこから更に沢山のことを学び、成長していくのです

この何年も積み重ねて得た技術や知識、そのトータルした全てが「価値」であると考えています

「職人」の技術は「価値」を表します

この「価値」を考えた時に、「カット料金7000円」は決して高い設定とは思いません

割引をすることもありますが、それはお客様のことを思ってしています

決して価値を安売りしているわけではありません

来てくれているお客様最優先の考えです

毎月カットだけでも「カット料金7000円」を握りしめて来てくれるお客様はたくさんいらっしゃいます

僕たちはそんなお客様の期待値を超えられるように日々精進しています

ご来店されて、帰られる時に(ああ、これでこの値段、、安く感じるな・・)と思っていただけるように

そのために個室カットブースの完全予約制度を取り入れています

確実にお客様の時間を確保し、お客様に良いと思ったことを愚直に伝え、技術に専念する

そして、それこそが理想の美容室像であると考えています

 

 

◆まとめ◆

「価格競争」を紐解くとさまざまなことが見えてきました

美容業界が犯した最大の過ちは価格競争に多くの美容室が乗っかてしまっているということです

目先の利益だけにとらわれず、自分たちが費やしてきた時間価値としてお客様に感じていただかなければなりません

決してリーズナブルな美容室を攻めようなんて思っていません

むしろ必要なカテゴリーだと思っています

必要としている人はたくさんいます

問題はそこに対して多くの美容室が対抗してしまっているということ

価格を安くすればお客様が来る

これは間違いありません

確実にグーンと売上は上がります

しかし売上が上がるとともに価値を下げてしまいます

今できることをやり、それが形になった時にまた新たなステップアップを考えて・・

美容室の平均価格を上げることが美容師の地位や給与水準を上げることに繋がってくると思います

 

近年SNSやアプリが普及しているため、多くの美容師が作るスタイルや情報が得やすい環境になっています

クオリティの高い技術にはそれなりの価格をつけることも大切なことなのではないでしょうか

美容業界全体の底上げを考え

 

この辺で

 

それではまた

 

住所:〒251-0047 神奈川県藤沢市辻堂1丁目16-20 1F
TEL: 0466-47-9991

ASUNAROホーム←クリック